Natural Healthy Standard.の商品に使用されている成分『アスパルテーム』について、お客様から安全性についてのご質問いただくことが多いため、 過去に実施された試験と審査結果に基づき、下記に内容をまとめました。是非ご参考ください。

アスパルテームの安全性については、広範で詳細な安全性の試験の結果を評価され、科学的な見地から厳密な審査を行った結果、安全であることが確認されています。
公的機関においても1980年(昭和55年)国連の国際連合食糧農業機関(FAO)/世界保健機構(WHO)合同食品添加物専門委員会(JECFA)での許可を始め、1981年(昭和56年)米国FDA(食品医薬品局)が許可、日本では1983年(昭和58年)に食品衛生調査会の審査を経て、厚生大臣より食品添加物として指定されました。以降、世界各国で使用が認められ、 現在では欧米を始め、世界120ケ国以上で使用され、さらにその数は拡大しています。 また、2013年12月10日にEFSA(欧州食品安全機関)が公表したアスパルテームの安全性再評価結果では、最新の安全性試験の論文も含めて再評価され、これまでの審査と同様に、食品添加物としての安全性が確認されています。
このようにアスパルテームは長い歳月を費やし、膨大な試験データをもとに、きわめて科学的にその十分な安全性が評価された甘味料ですので、摂取しても身体に害はありません。

アスパルテーム一日摂取量と許容一日摂取量(JECFA評価)